2-12 記憶法上達のための3原則

連鎖法ペグ法を基本にすれば、
非常に広範囲な応用ができる。

いずれも、連想、連鎖法、ペグ法などを
うまく使えはよいのである。これは各自で工夫すること。
この使い方を考え出すことが、記憶する場合に重要なのである。
自分で考えた記憶法の方が記憶しやすいのは当然である。

記憶する際に注意することを述べておく。

@ はじめから完全に記憶するようにする。
10の事柄を覚えるなら、全部記憶しようとしなければいけない。
8つぐらい覚えればよいなどと思うと記憶できない。

A 記憶する際、その事柄をよく観察する。
よく観察しなければハッキリしたイメージを浮かべることができず、
連想がうまくいかない。

B 連想は変えてはいけない。
連想をした際、もっとよい連想はないかと考えてはいけない。
一度連想したら、それを使うこと。
そうでないと思い出すときに混乱する。

2-11 電話番号、スケジュールをペグ法で

アメリカの記憶法の大家であり、
プロバスケットのチャンピオンチームの
名選手としても有名なジェリー・ルーカスは、

ニューヨークのマンハッタン地区の電話帳
2・300ページを完全に記憶しているそうである。

これは約三万人分の電話番号である。
私たちは三万人もの電話番号を覚える必要はないが、
50人の電話番号を記憶しておくと
ビジネスにも日常生活にも大変役に立つ。

また、もう少し努力すれば200人ぐらいでも楽に記憶できる。

例えば、(666)4749という電話番号を覚えるには、
前項の方法で06,66,47.49と区切り、
その人物の顔→オーム→ムームー→砂→子宮、と連鎖させる。

個人ではなく、企業だったら、それを代表する社長の顔とか製品と電話番号を連鎖させる。

スケジュールも同様で、12月8日午後7時に、
山田さんと食事の約束があれば、
12,08,07と区切り、肘→親→インク→山田さんと食事、
連鎖させる。

父親の肩に肘をついて空中に浮いている→
インクビンの風呂に父親が入って歌を唄っている→
インクを飲みながら山田氏と会食、というように
イメージを浮かべる。

これらを複合させれば、一日のスケジュール
一週間のスケジュールも難なく記憶することができる。

自分で工夫しながら実行していけば自然に身についてくる。

2-10 ペグ・ワードで数字を覚える

数字の簡単な記憶法には
頭字法五十音変換法を利用する方法がある。

そもそも数字自体には何の意味もないので
長くなれはなるほど記憶はむずかしくなる。

ところが、
ビジネスや日常生活では数字が大きな意味を持つことがある。
数字を覚えることによって、話にも説得力が増してくる。

たとえは、
「当社においては、農機具は非常に重要な商品である」というより、
「当社においては農機具は総売上高の80%を占め、
昨年は十億円の売上げを達成した」という方が聞き手の理解も深まる。

さて、12567864という数を覚えるとする。
まず、1の位から上位にかけて2ケタずつ区切る。
そして区切った数に対応するペグ・ワードを探す。

ペグの体系表によれは、
12→肘、56→ゴム、78→質屋、64→虫なので
この4つを連鎖法でつなげる。

たとえば、背広の肘にゴム糊がペタッとっいている→
太いゴム紐で貿星が吊るされて上下している→
大きなコキブリが質屋からゾロゾロ出てくる。
と、イメージを措けば、数字は引き出されてくる。

このようにやれば、20ケタの数字でも
10個のペグ・ワードを連鎖させればよいことになる。

なお、区切る場合は下位の方からやること。
たとえば、5146532を二ケタずつ下位から
区切っていけは5が1つだけになるので、
05と考えてペグ・ワードを探す。

慣れてくれは、百位、万位、百万位、億位……等、
奇数個の数字から成る数の頭の数には0をつけ、
01〜09のペグ・ワードを用いることで記憶できるようになる。
この練習はペグ・ワード記憶と連鎖法の上達に大変役に立つ。

もっと上達してくれは、相手のデタラメに言った数字でも覚えられるようになる。よく縁日の大道で何十ケタもの数を覚えてみせる見世物があるが、タネはこの方法である。50ケタぐらいなら誰でも一週間の練習でやれるようになる。

2-9 ペグ・ワード体系の活用

本格的なペグの体系を紹介する。

これは、記憶すべき事柄を01から99までのペグの
キーワードにひっかけるという方法である。

01はワイン、86はハム、95は空港(クウコウ)というふうに
頭字法を利用したペグの体系を覚えなければならない。
01ならワイン、86ならハムと即座に絵が浮かぶようにする。
その上で、記憶すべき事柄連想する。

100個も覚えるのは大変なようだが、
顕字法で覚えるため、
2日から、長くとも1週間もあれば十分マスターできる。
そして実際に使っているうちに次第に完全なものになってくる。

五十音変換法を利用した体系もある。
1→ア行(アイウエオ)。2→力行(カキクケコ)
……0→ワ、ンとパ行、と変換していくやり方で、

たとえば24だと、2→力行、4→タ行で、
「キツネ」(変換するのは最初の2音だけ)。
56だと、5→ナ行、6→ハ行で「なべ」とペグの体系をつくる。

このペグワードの体系を覚えてしまえば
記憶の量は飛躍的に増大する。

本1冊の内容を覚えることもできる。
100個で多ければ00から19まで、20から39までと、
区切ることもできる。

2-8 ペグ法の応用範囲(演説、講演)

記憶法がもっとも古くから利用されているのは、
演説、挨拶、講義などである。
原稿を読みあげる挨拶などは
聴衆の心にうったえることがむずかしい。

演説などに記憶法を利用したのは、
ギリシャ・ローマ時代からで、
当時は便利な筆記用具がなかったので、
記憶法で覚えたのである。

雄弁家になるには記憶法が必要技術であった。

ギリシャのシモニデス(BC55年頃)など
古代の雄弁家たちは、どのような記憶法を使ったのだろうか、
これはペグ法とまったく同じである。

彼等は「場」と呼ぶ方法を用いた。
それは自分の家の部分(場)に
演説の要点を連想でつないでおくのである。

たとえば、
演説の最初の要点を、玄関に連想する。
二番目は応接間、三番目は応接間のイスにというように連想しておく。
演説するときに、自分の家の中を順に思い出していけは、
要点が思い出せるのである。

英語のin the first place(まず第一に)という慣用句は、
この「場」の記憶法に由来している。

この要点を連想するのは、連鎖法でもできるが、
ペグ法の方が使いやすい。

連鎖法だとどこか記憶しそこねると、あとがうまく続かなくなる。

そして、ペグ法だと話しているときに、
いま、全体のどの辺までかすぐわかるので、
時間によって、適当に飛ばしたり、
ある部分をくわしくというようにコントロールできる。

演説を記憶する場合、
逐語的に全部覚えようとすることは不必要である。
要点を順序よく覚えておけばよい。

もちろん原稿をつくることは大切である。
十分練り上げた原稿をつくり、何度か読み、
その要点を記憶しておけばよいのである。
あとは自分自身の言葉で話せばよい。

このように要点をペグ法で記憶しておくと
話すことに自信が持て、途中で脱線したり、
あがってつかえたりしなくなり、話が上手になる。
この要点はあまりこまかくてはいけない。
20ぐらいのペグで十分である。

はじめは15分ぐらいの話に
10ぐらいの要点で行なうように練習する。

15分の話というと原稿にして
400字の原稿用紙10枚前後であるから、
一枚一つのペグでよいのである。

話すだけでなく、話を聞く場合にも利用できる。
受講する場合などは要点をこまかく覚える必要がある。

話す場合の倍ぐらい必要である。
しかし、これも慣れれば、少しの要点ですむようになる。
また読書の場合にも役立つ。
読みながら、要点を次々とペグの体系にかけていく。

この習慣をつけていくと、
本の内容を丸ごと把握できるようになる。

だから、常に10から30ぐらいの項目が入れられる
ペグの体系をいくつか持っていると便利である。

しかも、それぞれの体系は重複しても使える。
それは、覚える主題と一番の項目を連想でつないでおけば、
同じペグの体系を何回も使えるからだ。

一度ペグの体系にある事項を入れたら、
別の事項は入れられないと思っている人があるが、
これは間違いである。

主題ごとに違った連想をしておけばよいのである。

2-7 ペグ法の応用範囲

職場で机に向かって書きものをしているとき、
電話がかかってくる。
無意識にボールペンを耳にはさんで
受話器を取って、相手と話し込む。やっと終わる。
さて続きをと思って、あたり中見まわしても、ポールペンは見つからない。

また、ポケットや机の引き出しの中に物を入れ、
いざ、必要になって探してもなかなか見つからない。

切符などを無意識にポケットに突っこむと、
改札口の前で全部のポケットを探さなければならない。
時間のムダはかりではなく、
イライラして気分的にも不快きわまりない。

かといって、切符を入れたポケットを
服の上からしょっちゅうさわって確かめながら
電車に乗っているというのでは、読書をしたり、
車窓の景色を楽しむどころではない。

先の例だと、ポールペンを耳にはさむとき、
ボールペンが耳の穴の奥に向かって
キリキリと進んでいるというような
ショッキングなイメージを思い浮かべると忘れない。

後の例だと、机の引き出しやポケットをペグにすればよい。

たとえは、l番を胸ポケット、
2番をエリ裏の小さなポケット、3番を上着の右、
4番を左、5番を右内、6番を左内、7番をズボンの前右………

とやれば10くらいのペグの体系ができる。
そして品物をポケットに入れたとき、
品物とポケットを連想でつないでおく。

このように日常に使うペグの体系をいくつも持っていると、
ちょっとしたことに活用できて便利である。
買物のリストなど、このポケットのペグを使うとよい。

2-6 ペグ法の応用

○ 身近なものにペグをつける

ペグ法の基本として、前に述べたように部屋に番号をつけたとする。これが記憶の掛けくぎ(ペグ)である。

たとえば、次の10の事柄を記憶する。

@飛行機、A本、Bミカン、C富士山、D盆踊り、Eジュース、F野球、G悲しみ、H新聞紙、I手紙

この10の事柄と前に番号をつけた場所をそれぞれ連想でつなぐのである。

連想の方法は前の章で述べたバカげた連想をするルールを使う。

(連想の例)
@入口の扉と飛行機…
…入口の扉にジャンボジェットがぶつかって炎上している。
Aくつぬぎと本…
…くつぬぎで本が靴をぬいでいる。
Bゲタ箱とミカン…
…ゲタ箱をあけると無数のミカンが飛び出す。
C植木鉢(花びん)と富士山…
…植木鉢に富士山が植えてある。
Dカレンダーと盆踊り…
…カレンダーが盆踊りをしている。
E洋ダンスとジュース…
…大きなコップに入ったジュースの中に氷の代りに洋ダンスが浮いている。
F押入れと野球…
…キャッチャーが押入れの扉をプロテクターとしている。
G額ぶちと悲しみ…
…領ぶちが自分の頭にぶつかり、大切な絵が破れ、悲しくて泣いている。
Hポスターと新聞紙…
…新聞紙がポスター代りに壁にはってある。
Iテレビと手紙…
…大きな封筒にスクリーンがついてテレビになっている。

以上のようにして連想して記憶すれば、
どのような順でも思い出すことができる。

練習は次のようにできる。紙に1から20まで番号を記入しておき、友人にいろいろな事を言ってもらい、それを記入してもらう。その間に連想して記憶する。

それから、番号をバラバラに言ってもらい、その事柄を言う。
当たったら、線を引いて消してもらう。

テレビのショーなどで行なっている記憶術
このペグの基本を使ったにすぎない。
20から30ぐらいの記憶だったら、
ペグの基本づくりと連想の練習を合わせても
1日か2日で演じられるようになる。

しかし、これはあくまでも基本の練習で記憶法の目的ではない。基本を活用することが重要なのである。

ペグの基本は自分の家はかりでなく、会社の事務室、自分のからだなど身近なものに番号をつけて覚えておくとよい。いろいろな基本を持っていると便利である。

2-5 ペグ法の基本

連鎖法と並んでもっとも基本的な記憶法がこれから紹介するペグ法である。

連鎖法の場合、基本さえわかっていれば、何の準備も要らず応用範囲が広く、記憶の量も多いが、第何番日は何かと問われたら、最初から連鎖の鎖をたどっていかなければ引き出せない。

この欠点を補うのがペグ法である。
ペグ(peg)とは掛けくぎのことで、記憶すべき事柄を並んだペグに引っかけて覚えようとするものである。

たとえは自分の身体の部分部分に上から順に番号をふる。
@−頭、A−額、B−右目、C−左目、D−鼻、E−口、Fアゴ……としてAなら額、Bなら右目とすぐにロに出せるようにする。

そしてこれらを掛けくぎにして、記憶すべき事柄を連想でつなげる。

Aが飛行機なら自分の額に飛行機がぶつかっていると連鎖する。
Cが鉛筆なら左目に鉛筆が刺さって痛いと想像するのである。これだとC番と問われれば、左目→鉛筆とすぐに引き出せる。

ペグ法の歴史は非常に古く、
古代ギリシャ・ローマ時代に盛んに用いられていた。

当時の人たちは詩や文章をこれによって覚えたのである。
また雄弁家たちは長い演説をこのペグ法を使って行なっていた。

19世紀にウィリアム・ストークスがこのペグ法を体系的にし
『記憶』と題する解説書を1888年に出版した。

これによってペグ法が一般化し、大いに活用された。

日本でも、明治時代にこれに関する解説書が出版されている。
このペグ法の基本は、掛けくぎをつくることである。

古代から一般に使われているのは、自分の家に番号をつけておくことである。 @入口の扉  Aくつぬぎ  Bゲタ箱  Cゲタ箱の上の花びん  Dカレンダー  E洋ダンス  F押入れ  G額ぶち  H壁のポスター  Iテレビ 
はじめは10ぐらいに番号をつける。

頭の中で部屋の光景を思い浮かべ、番号をつけるのである。
そして、番号を思ったらすぐに、部屋の場所や品物が思い出せるようにする。

これは5分か10分で覚えられる。 そして、連想で結びつける練習をする。
練習をくり返していると、いっそう、この掛けくぎがハッキリと記憶できる。

部屋を思い浮かべたとき、その場所に数字がついているイメージが浮かぶようにするとよい。 
これができたらさらに10ほど番号をつける。

J時計 Kテーブル  Lイス M窓  Nカーテン O茶ダンス  P茶ダンスの引出し Qキッチンのノレン  R流し台 Sガスコンロ
これで練習し、できればさらに10ほど番号をつけておくとよい。

これだけのペグの基本をつくっておくだけでいろいろ活用できる。

2-4 連鎖法の応用

連鎖法は、順序のある多くの事柄がはっきりと記憶できる。

たとえば、その日のうちにしなければならないことを記憶するときなどに役に立つ。 

かりに、次の五つの用件をその日のうちにかたづけねばならない用件だとすると、連鎖法が一番役に立つ。
@テレビを注文する Aタイプを打つ Bスーツをオーダーする C取引先の田中氏と会う D切手を購入する

これら五つの用件を順序よく覚えるとしたら、たとえば……。
1 テレビとタイプ ー テレビにタイプライターのキーがついており、テレビに紙を差し込んでキーをたたいている。

2 タイプとスーツ ー タイプ用紙でできたスーツを着ている自分を想像する。

3 スーツと田中氏 − 田中氏が大きなスーツとダンスをしている。

4 田中氏と切手 − 田中氏が大きな切手の上に貼りついてもがいている。

最初のテレビについては、会社の入口がテレビの画面になっていると想像しておくと、会社を出入りするたびに五つの用件が一瞬にして思い出せるというわけだ。 

この方法を使う場合は前日の夜、寝るとき床の中で連鎖しておいて、翌朝出かける前や通勤電車の巾で復習しておく。 会社に入ったあとで、用件が増えれば、最後のものに連鎖させておく。

このほかにもビジネスや日常生活に役立てることができる。 会議や出張に持っていく書類や資料を忘れないようにしたり、講演や挨拶、スピーチの内容の記憶などにはもってこいだ。

結婚式のときにスピーチを頼まれたのはいいが、途中から脱線してしまい、話したい肝心のことを忘れてしまったというようなこともなくなる。

たとえば会社の創立記念日のあいさつで、これこれのことを間違いなくみんなに伝えたいなどというときは、
@創立当時の社宅 − A創立者の顔 − B援助を受けた人の顔 − C事業の拡張期に建てたビル ー D現在の状況を象徴する商品 − E将来を担う新入社員の顔、

というように連鎖させてあいさつの前に復習しておく。原稿を棒読みするのでは効果も半減する。
連鎖法を日常生活にしょっちゅう活用していれば自分では考えられないほどの情報を身につけることができ、しかもそれを即座に引き出せる。

2-3 連鎖法は練習が第一

連鎖法記憶法のうちでも、もっとも練習しなければならないものである。

この練習でも、連想の練習のときと同じくカードを使う方法がある。

まず何校かのカードにいろいろな事柄を書く。
書いたら、裏向きにしてよく切り混ぜ、その中から15枚ほどを抜きとり、1枚ずつ机の上に枚に並べ、前項の要領で連想でつないでいく。

1枚の紙に15ほどの事柄を書いてもよいが、カードの方が練習しやすい。

こうやって何回かやるうちに自信がついてきたら、今度は友人に手伝ってもらって練習する。

相手に、思いつくまま15ほどの事柄を言ってもらい、それを紙に書いてもらう。

書いておかないと後で確かめようがなくなるからでもあるが、相手が次々に言う事柄を紙に書いている間に、連想を働かせながら、連鎖させていくのである。

こうやって相手が最後まで書き終わったら、即座に、記憶した事柄を初めから順に言う。
この練習を何回か続けていくと、連想も素早く行なえるようになる。

練習の初めのころは、具体的な、形のある名詞や動詞のような連想しやすいもので行ない、慣れてきたら抽象的な事柄を入れていく。

一つ問題がある。それは相手が最初に挙げた事柄をどう記憶するかということである。これは相手と結びつければいいわけである。

たとえは最初が飛行機という名詞であれば、大きなジャンボ旅客機が相手の頭に落ちているといったイメージを思い浮かべればよい。

そうすれば相手の顔を見ればすぐに飛行機が浮かんできて、あとはイモづる式に引き出されてくる。

この練習ができたら何人かいる前で、この記憶法の実験をやってみるとよい。 

何人かの人に20ぐらいの事柄を次々に言ってもらい、誰かに書きとめてもらう。
その間に連想を働かせながら覚えていく。
終わったら、初めから順に、そして最後から順に言ってみる。

この実験を多くの観客の前でやるショーもあるが、基本は同じである。目隠しをして、お客に言われたことを次々に黒板に書きとってもらい、全部言い当てるのである。

バカげたイメージを浮かべるということを強調したが、むずかしい場合、前述した三つのルールを覚えておくと役に立つ。

まず、代用法。ある事柄の代りに他の事柄を想像する方法で、飛行機の代りに飛んでいる木を想像したりする。

次は誇張法。実物より大きくあるいは数多く像することで、巨大なバケツなどがそれである。無数の封筒、だとか無数のイヤリングといったもの。

三番目は動態法で像に動きをつけることである。飛ぶはずもない木が飛んだり、封筒から無数のイヤリングが飛びだして、あなたの顔にぶつかる、などが動態をつけることである。

2-2 連鎖法

ABCDE……の覚えるべき事柄があったとき、

まずAとBを連想で結び、次にBとCを連想で結び、
次にCとD、さらにDとEといぅ具合に全部を連想でつなぐ。

この連想がうまく行なわれていれば、
Aを思い出すだけで全部のものが連想の鎖につながって
次々に思い出せる。

たとえば何の関連性もない次の10の事柄を記憶しようとする。

飛行機、木、封筒、イヤリング、バケツ、歌う、
バスケットボール、サラミ、星、鼻。

このまま丸暗記しょうとしても簡単にできるものではない。
しかし次のように連想をつなげていけは案外うまくゆく。
連想の方法は例によって、ハカげた方法でやる。

1 まず飛行機と木を連想で結ぶ。
 たとえは巨大な木が飛行機のように空を飛んでいるイメージを思い浮かべる。

2 次は木と封筒。
 無数の封筒が果実のように木になっているとイメージする(あるいは巨大な封筒の中に木が入っているイメージでもいい)。

イメージを浮かべるには、何分の一秒かの短い時間でもいいが、要はハッキリとした像を定着させることである。そして極端なイメージであるだけに、決定的なものを一瞬で浮かべるようにしなければならない。

3 次は封筒とイヤリソグ。
 封筒をあけると無数のイヤリングがあなたの顔にぶつかってくるとか、イヤリングの代りに封筒を耳にぶらさげているとかのイメージ。

4 次はバケツなので、巨大なバケツがイヤリングをつけていると想像する。

5 次は“歌う”という動詞であるが、
 巨大なバケツが大きな口をあけて歌っている、あるいは頭にバケツをのせて歌っている自分のイメージを浮かべる。

自分自身にむすびつけてイメージをふくらませると効果的だ。

6 “歌う”とバスケットボールでは、
 歌っている人の口から無数のバスケットボールがとび出しているとか、バスケットボールが歌っているとか想像する。

7 次はサラミ。
 サラミがバスケットをしている、あるいはバスケットの選手がサラミをボールにして試合しているイメージ

8 次は星。
 空にきらめく大きなサラミの像。あるいはサラミの代りに星を切っている像でもいい。

9 最後は鼻。
 大きな鼻をもった星。鼻の代りに顔に星をつけた自分の顔でもいい。

これで10の事柄がつながった。
文で読むと面倒に思えるが、慣れると十秒以内で連想できるようになる。
ただし、最初の飛行機だけは連想するものがなかったので少しは苦労するだろうが、これさえ思い出せればあとは簡単。

飛行機−木−封筒−イヤリソグ−バケツ−歌う−バスケットボール−サラミ−星−鼻。誰でもすぐにできる。

途中で不明なものがでてきたとしたら、それは、忘れたのではなく、はじめにハッキリとしたイメージを描かなかったか、言葉で頭に入れたからである。

実際に紙に書いてみるとスラスラと書ける。今度は鼻から逆に書いてみる。そうやれば、あなたは10の事柄を完全に記憶したことになる。

2-1 連想法

連想の技法は日常生活に大いに活用できる。

書斎で本を読んでいると、隣りの部星に電話がかかってきて、電話に出る。戻ってきて本を読もうとすると、本がない。どこかに置き忘れたのである。

外出をする。バスに乗ったとたん、家のドアに鍵をかけたか、テレビのスイッチは切ったか、ストーブの火を消したかどうかなどと気になり、どうしても思い出せず、イライラしたり、もう一度家に帰ったりする。

このようなモノ忘れ、置き忘れは、無意識な行動をとったために起きたことで、忘れたのでなくしっかり覚えていなかったのである。

モノ忘れをなくすには、その事柄をはっきりと認識することが効果的だ。

電車の運転手が、ひとつひとつ自分の操作を口に出して言うのも、そのためである。機械などを操作する工場などでも、事故やミスをなくすために.指差確認などを行ない、慣れによって無意識な操作をするのを防いでいる。

はっきりと認識し、記憶するのに有効な方法は連想である。
連想は無意識にはできない。その事柄をよく観察し、認識し、心にイメージを刻みつけることによって初めてできる。

いつでも即座に連想する習慣をつけることがモノ忘れの解決になる。 先ほどの例でいえは、電話に出るとき、本をテレビの上に置いたとする。そのとき、テレビの画面に本を投げてメチャメチャにこわしたと連想すればよい。

雨がやむと帰りに傘を忘れることがよくある。これを忘れないようにするには、たとえばオフィスを出るとき最後にすることと連想しておけばよい。

タイムカードを押すなら、カードの代りに傘を差し込んだと連想する。

宝石を引き出しのセーターの下に入れたとする。この場合、巨大な宝石がセーターを着て踊っていると連想しておけばよい。宝石がどこかと考えればセーターが思い浮かぶ。

家を出るとき、ストーブを消したら、ストーブの中に頭を入れて火が消えているのを見ていると連想する。外でストーブのことを考えると、頭をストーブに入れている自分が思い浮かぶので消したことが確認できるのである。

このように連想する習慣をつけておくと、記憶力はかりでなく、観察力、想像力、集中力、創造力の向上にも役立つ。

ものごとを記憶する習慣をつけるようにしてみると、いままでいかに観察していなかったかかわかるだろう。

この習慣をつけるとあなたの身のまわりを見なおすことにもなり、旅行をしても、美しいもの、新しいものを発見するのに役立ち、新しい世界が生まれるのである。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。